より健康で豊かでハッピーになるために、メンタルヒーラーの視点からヒントをお伝えします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水分の摂り方に注意 ! ! !

とても大切なことなので、今一度再掲載します。


 水分の摂り方に注意 ! ! !

これまで、セミナーや カウンセリング セッションのあとは、良質の水を、
これまでよりも多めに摂ってくださいね、と、お伝えしてきました。

そして、サロンでは、ミネラルウォーターの用意をして、
各自持参されることも お勧めしてきました。

わたしがこれまで学んできたようにお伝えしてきたのでしたが、
新しく健康について学ぶほどに、そして、自分でも体験してみるほどに、
より良い方法がありましたので、次のようにして水分を摂ることをお勧めします !
(ただし、これは毎日1万歩以下の運動量の人向けです)

良質の水~ミネラルウォーターや浄水は、できるだけ温めて、
お白湯、ハーブティーや紅茶、焙じ茶など、体を温めるようにして、
水分を摂ってください。


これは、医学博士の石原結實先生のご著書、
『「水分の摂りすぎ」は今すぐやめなさい~細胞が元気になる根本治療法』
(三笠書房)
を参考にしています。この本は お勧めです !


アメリカの代替療法師のハルダ・クラークさんは、水分はミネラルウォーターとして、
お茶やスープなどとは別に、1~1.5ℓ以上摂るように指導しています。

アメリカやヨーロッパのような肉食の歴史の長い民族であれば、
クラークさんの摂り方が良いのかもしれません。

なにしろ、日本人とは温度の感じ方が違うのを痛感しました。

アメリカのセミナー会場では、日本人が毛布を羽織るほど、
ガンガンに冷房を効かせているのです。
ヴァイアナさんやアメリカ人、ヨーロッパの人たちは
ノースリーブで平気です。

水を冷たいまま摂ると、肉食の歴史の浅い日本人では身体を冷やし、
冷やすことで、身体の中で、水分の誤配分が起きやすくなります。

たとえば、身体の中で、細胞に配給されずに、胃や細胞間に
水が溜まって、内臓の働きを悪くしたりします。

じつは、シータを始める前に、腹水が溜まっていると言われた私、
いまも、デトックス中です。


水分は毎日1~1.5ℓ以上、お茶やお味噌汁やスープなどとして、
摂取するので、水分の量の測り方にご注意ください。



薬を飲んでいる人は、とくに注意してくださいね。
体を温めて、循環を良くする方が、不必要な化学物質を排出しやすいです。
薬を飲む水もお白湯にしてみてくださいね。

あ、・・・もしも、お風呂あがりに、冷たいミネラルウォーターをコップ1杯、
どうしても飲みた~い ! 、というような時は、身体の声に応えてあげてくださいませ。

お水も冷たいよりは 常温、常温よりは、少し温めて飲まれることを お勧めしますが、
頭で決めつけて、身体の声を無視することをお勧めしているわけではありません。

ですが、いいかげんな情報で、氷入りの水をレストランでお代りしたり、
朝 起きがけや 夜 寝る前や、お風呂上がりに、習慣的に冷たい水を摂取しているなら、
その習慣は、見直した方が良さそうです。

摂取する水分は多すぎず、少なすぎないのが良いのです。

必要な水分量は、運動量や年齢、風土や気候により異なります。
ご自分の適正水分量は、ご自分の年齢や、日ごろの運動量、尿や汗の量から
振り返って考えてみてください。

循環するには出すことが とても大切です。
毎日、歩くこと、身体を動かすこと。


3層の3次元の、ひとときの意識の現れである身体を大切にするために、
わたしたちは本当の情報を見分ける眼が必要なようです。 





スポンサーサイト
プロフィール

三條能理子

Author:三條能理子
瞬間瞑想ヒーラー、 ハッピーライフアドバイザーの、三條能理子です。

オリジナルメソッドを開発し、カウンセリングセッション受付中♪もうすぐ、セミナーを開催します。まず実践会に、いらしてくださいね☆

ヒーラーワークス主宰。

嫌だな~、が底にある生き方を、ワクワクの喜び溢れる生き方に変えるお手伝いをしています。流されて生きるのではなく、望む幸せを叶えつづける生き方ができるようになります♪

お会いするのを楽しみにしています !

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
お知らせと当サイトへの連絡先/メルアド変わりました
■カウンセリングセッション、スカイプ/対面にて受付けています。下記メルアドにご連絡くださいませ。■卒業生へのご連絡:メールにてこれまでお知らせしていましたが、今後はブログとメルマガなどで、お知らせさせていただきます。 ■お問い合せは、下記のメルアドにお願いいたします。■携帯電話のメールアドレス変更しました。ご連絡は下記のメルアドに お願いします。よろしくお願いいたします。  sanjonoriko3@gmail.com
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。