より健康で豊かでハッピーになるために、メンタルヒーラーの視点からヒントをお伝えします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の循環と自然尊重を基盤にしたエネルギーワークが生まれたワケ〜その3〜

横浜に引っ越してからも受難は続きました。有害化学物質の被害が思わぬ形でつづいて、愛犬ミーナが炎症性乳がんになってしまったのです。

少し説明をつづけます。
部屋の引渡しが2013年11月26日、引っ越しが11月29日でした。


お願いしたリフォーム会社の有害化学物質(VOC)減衰工事と一部屋の漆喰塗りが施工されました。VOC減衰工事は3日間はVOCが室内で揮発して却って被害が大きくなると説明を受けました。ところが、本当は5日間入室禁止が必要だと工事の説明に書いてあったのでした。私たちは一番VOCが多い時に入居してしまったのです。リフォーム会社さんの勘違いがあったらしく、皮肉なものですね。


前のマンションの部屋は大規模修繕工事でサッシ取替えが2箇所あり、家具や荷物の移動と引っ越し梱包なども重なり、サッシ取替え時の立会いなどもあって、荷物の積み残しがでてしまいました。荷物は他の人の3倍はあると言われ、それも引っ越し後の作業の遅れと疲れの原因になりました。


VOCが多く揮発している部屋で、段ボールは所狭しと積み上げられた状態が長くつづきました。


VOCは床暖房の影響もあって部屋の下に多くなり、体高の小さなペットたちに大きな影響が出たようです。くしゃみや吐いたり下痢をしたアニーではなく、排毒しなかったミーナががんになりました。


2014年4月に動物病院で炎症性乳がんと診断された翌日のミーナの写真です。動物病院では治療不可能ということで、オンシオールという痛み止めと炎症の湿布薬だけを渡されました。生検は転移の恐れがあるとのことでしなかったので、予測診断でした。↓


thumb_IMG_1998_1024.jpg


thumb_IMG_2002_1024.jpg


そこで、エネルギーワークをやる必要を私が感じた時だけやってやりました。ペットたちは私のエネルギーワークが好きでリラックスして身を任せてくれます。



6月には同じ動物病院で、「混合腫瘍」と診断を改められました。良性か悪性かは生検をしないと確定できなかったです。(あとで良性と確認されたのみならず、きれいに切除され、今は腫瘍は無くなっています)↓



thumb_IMG_2202_1024.jpg



この時のエネルギーワークのポイントについては、今度メルマガでお話ししますね♪ 








スポンサーサイト

体の循環と自然尊重を基盤にしたエネルギーワークが生まれたワケ〜その2〜

前回の記事は、あなたを驚かせたり怖がらせるために書いたのではないのです。


今の日本人の生活は、有害化学物質が氾濫しやすい環境だということはわかっていただけたでしょうか ?


しかも化学物質は、無害なものも後で有害だとわかったり、化合して有害になったりすることもあるので、できるだけ安全無害な天然のものを生活の中で使いましょう、ということです。


そして、環境には、揮発する化学物質を、私たち人が生き生きと暮らせる範囲内に抑える工夫が必要だということです。


サロンの大規模修繕工事のあと、住まいのマンションでも大規模修繕工事が始まり、半年間、建物に覆いがかけられて、またもや塗料や接着剤が大量に使われました。すでに有害化学物質に痛めつけられた私の体に追い打ちをかけるように。


IMG_0578.jpg



これではいくら循環を良くして排毒を心がけても追いつきません。


今度は住まいだったので、ペットも被害を受けて、2頭のトイプードルのうち1頭は部屋中に漂う接着剤などの臭いで吐いたり下痢をするようになりました。近くに塗料などが近づくと、かわいいくしゃみをずっとし続けます。もう1頭はぐったりして、目の白眼が充血してきました。


IMG_0760.jpg



あわててワンコたちを、車で30分ほどの親戚の家に預けました。結局1ヶ月半ほどのあいだ預けました。その間、部屋で拷問にあっていた私は、たまりかねて、工事の完了する数ヶ月前に引っ越すことにしました。それが横浜へ引っ越した理由でした。下の写真は親戚の家に預けた時に撮ったミーナとアニーの写真。


IMG_0791.jpg



知識を持って振り返ると、大規模修繕のような工事中でなくても、毒は薄められてはいても、私たちの周りにずっと「ある」のです。


クロスの接着剤や木製家具に塗られたウレタンやラッカーなど、合板の接着剤やその上に塗る化学塗料、おまけに花の鉢にまで撥水加工が施されたり、バッグやお財布などにも撥水加工の有機溶剤が塗られ、電化製品のビニールコードやフローリング床の汚れ防止のコーティング剤、サッシ戸のガラスにはUVカットのコーティングが施されたりしています。


石油でできた製品が悪いのではなく、生活の中でとめどなく増やし続けてその弊害に無頓着なことが問題なのです。


もはや生きものには耐えがたい環境になっていても、一見するとお洒落で洗練されたインテリアの部屋であったりします。


そんなところで長く生活して、花粉症やアトピーやアレルギーになっても不思議ではありません。


私が提案するのは、環境にある有害化学物質をゼロにするのは不可能なので、人の命が生き生きと生きられる範囲に抑えることです。


それには個人差があります。お子様は大人よりも化学物質の許容量が少なく、女性は男性よりも許容量が少ない、ということは、覚えておきましょう。


化学物質を環境で減らすための具体的な方法の一部をご紹介します。

① 床や壁、天井などの広い面積を、漆喰などの安全無添加の天然素材にする。

② 家具や持ち物を安全無添加の天然素材にする。

③ 清掃時の洗剤を安全無添加の天然素材にする。

「① 」と「②」は、実際にやってみようとすると、なかなか難しいです。
可能なものからやってみることをお勧めします。

手っ取り早くできるのは、③の洗剤です。石油系の洗剤の界面活性剤は拭いた場所に残りつづけ、空気中に有害化学成分が揮発します。こんな細かなところも見直さないと、私たちの生活に有害化学物質が氾濫してしまうんですよ。


このテーマは、まだ次に続きます。^^;;

体の循環と自然尊重を基盤にしたエネルギーワークが生まれたワケ〜その1〜

シータヒーリングの施術とインストラクターをしていた時は、対症療法だという認識がありませんでした。


サロンの大規模修繕工事で体調を崩した時、シータヒーリングでセルフヒーリングしようとしました。でも、有害化学物質の影響を受けた私の体は しんどいままでした。


そこで、体の循環や自然尊重の本を読んだりセミナーに行ったりして、体の循環を良くして、体から取り込んだ有害化学物質を生活の中で排毒することを心がけました。


何が人の体の毒になるのか、という情報を集めると、修繕工事の接着剤や塗料だけでなく、日常の生活の中に、微量毒素が満ち溢れていました。


食品の人工的な添加物、農薬、部屋の壁の接着剤、化繊のカーテンの難燃加工や撥水加工、フローリング床の合板にする接着剤やワックス、合板家具すべてと天然家具にも汚れ防止のアクリルなどの有機溶剤がかけられていて、戸外に出るとアスファルトの揮発する有害化学物質が・・・


人の健康を害するものは、地球を害し、大気を害し、他のすべての命を害しているという悪循環・・・


どうしたら体に取り込んだ毒を出すことができるのか、という情報を集めました。口から皮膚から呼吸から 微量毒素が大量に取り込まれています。それなのに、体の自然な循環はスローで、個体差があって、たくましい人もいれば、敏感な人もいる・・・


微量毒素の氾濫に対して、自然の回復はスローで、時に回復不能に見える時もあります。


私は敏感なほうなので、化学物質が身の回りで氾濫していることは 苦痛に感じました。


でも、いまはその敏感さに感謝しています。だからこそ大病しないで、還暦直前の昨年、富士登山までやり遂げましたから。


 【ワンネスフル】の「体の循環論」の健康観はとてもシンプルです。

1、 できるだけ、体に毒を入れない。
2、 できるだけ、体の毒は出す。
3、 個々人に適切な運動を継続する。
4、 生涯自分の健康は自分で管理創造する。

 【ワンネスフル】の自然尊重論は、自然で命に良いものと悪いもの、命にとっての毒とは何かを知ります。毒とは環境ホルモンや有害化学物質、添加物、有害ミネラルなどがあります。また、細胞の未消化物や排泄物も「毒」になり得ます。アーユルヴェーダで未消化物を「アーマ」と呼びますが、体の循環が悪いと最高の栄養も滞って「アーマ」となり「毒」となり得るということです。

 体の循環論と自然尊重論は現在いろいろなところでセミナー開催されています。でも、両方同時に学べるところは少ないようです。


片方ずつではなく、この両方を知って生活に活かすことが、人や、すべての命や地球を守るために 急務だと思っています。


また、ワンネスフルだけではなく、すべてのエネルギーワークやセラピー、医療の根幹に、「体の循環論」と「自然尊重論」を据えることで、より命の本質に沿った働きかけができると考えています。


このテーマは壮大すぎて、この記事だけでは終わりません。次に続きます。。^^;;

※※※※※

写真は、いまの部屋の胡蝶蘭3種類。
どの子とも数年来のおつきあいです♪
かわいい子たちです〜♪ ^^

unnamed.jpg














【ワンネスフル】とは ? ~基礎になっている意識の法則~その3〜

前回まで2回、奪った側、横取りした方にポイントを置いてご説明しました。


では、奪われた側、横取りされた方はどうしたらいいのか ? をご説明します。


前回までの事例は1人1万円くらいでしたが、では、これが50万円や100万円以上、数千万円以上だとどうしたら良いのか ?


私は数十万円、いえ、数百万円を投資詐欺などで奪われたことがあります。その原因は今ではわかっています。受け取ることと与えることの不均衡が すでに自分の中にあり、自分の中でバランスが悪くなっていたからです。


こんな時、まずは、返して欲しいと、その時の相手に表明することが必要です。その原因が自分の思考の土台にあったとしても、社会的ルールに沿った意思表明をします。


そして、その結果返ってこなかったとしたら、自分の中の与えることと受け取ることの不均衡を癒してください。そして、パターン修正をしてください。癒し、自分の中のバランスがとれてきたら、宇宙銀行から返ってくることを意図し、現実化することを確信して待ってください。失った金額以上になって還ってきますから。


今日までに記事の投稿が少し空いたので、もう一回記事を投稿しますね〜♪

※※※※※

写真は今の部屋の胡蝶蘭姉妹。
クローンでしょうけど、昨年12月から咲いてくれています。
かわいい子たちです☆ ^^


FullSizeRender-14.jpg










ワンネスフルとは ? 意識の法則〜東国原英夫さん(元そのまんま東さん)の事例から〜その2

前回その1では、潜在意識にあるパターンの修正の必要性についてお話しました。


それと同時に必要なことを今回ご説明します。


東国原さんは人がもらったお金を横取りしました。この行為を打ち消すための行為が必要です。作用があれば反作用があるわけですが、まずは作用を打ち消す=行為のキャンセルをすることが必要です。


横取りしたお金を相手に返すこと。謝罪すること。可能であれば、利子として より多くを返すこと。


当の相手が探しにくければ、横取りした相手の人夫さんに似た境遇の人たちになんらかの貢献をすること。経済的な援助や寄付などもいいですね。


人をだました、お金をむしり取るようにして不当に奪った、危害を加えたなど、すべての行為で打ち消しの行為が必要だということを覚えていてくださいね。


ポイントは、潜在意識は時間というものが「無い」、というか時間を認識しないので、過去の行為を今打ち消してもOKです。ですが、打ち消して、潜在意識のパターンの修正をしてから人生が変わるので、早い方がいいです。後になればなるほど、反作用として返ってくる時、大きな損失や失意・逆境となって返ってきます。最悪の場合、命までもむしりとられることになります。

キリスト教の「神」は「復讐するは我にあり」と言います。この「神」は、「ワンネス」や「潜在意識」「存在の根源」「無限の精霊」などに言い換えてもいいと思います。復讐するのは人ではありません。横取りされたものはその人が正しい状態にあるときに必ず返ってきます。


東国原さんが人夫さんたちから幾ら横取りしたのか知りません。しかし、幸せな結婚をしたのに、せっかく宮崎県知事になったのに、すべてを失ったのです。


東国原さんが行ったことのうち、人夫さんの件が悪い行為の一部だとしたら、全部について、同じ償い=打ち消しの行為が必要です。だからこそ、善行・善業は他人のためではないのですね。


また、善行・善業や悪行・悪業などのカルマは親子や生まれ変わりでも引き継がれたりするので、要注意です。










プロフィール

三條能理子

Author:三條能理子
瞬間瞑想ヒーラー、 ハッピーライフアドバイザーの、三條能理子です。

オリジナルメソッドを開発し、カウンセリングセッション受付中♪もうすぐ、セミナーを開催します。まず実践会に、いらしてくださいね☆

ヒーラーワークス主宰。

嫌だな~、が底にある生き方を、ワクワクの喜び溢れる生き方に変えるお手伝いをしています。流されて生きるのではなく、望む幸せを叶えつづける生き方ができるようになります♪

お会いするのを楽しみにしています !

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
お知らせと当サイトへの連絡先/メルアド変わりました
■カウンセリングセッション、スカイプ/対面にて受付けています。下記メルアドにご連絡くださいませ。■卒業生へのご連絡:メールにてこれまでお知らせしていましたが、今後はブログとメルマガなどで、お知らせさせていただきます。 ■お問い合せは、下記のメルアドにお願いいたします。■携帯電話のメールアドレス変更しました。ご連絡は下記のメルアドに お願いします。よろしくお願いいたします。  sanjonoriko3@gmail.com
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。