より健康で豊かでハッピーになるために、メンタルヒーラーの視点からヒントをお伝えします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒り・憤り・憤懣などについてのワークとシータヒーリングのダウンロード

急性膵炎を治した私の事例、幾人かのシータヒーラーが無条件の愛を送ってくださいました。

魅力的なご提案をする前に、この急性膵炎のヒーリングのポイントを幾つか挙げて、お礼の代わりにしましょう。

フローレンス・スコヴェル・シンであれば、「あなたが膵臓を毒したのです」と言ったことでしょう。原因は私の中の怒りと憤りなどの否定的な感覚感情にあります。それはある人間関係に触発されてあらわになりました。1月16日に原因の最後の一端があり、1月18日に発症しました。

感覚感情はすでに私の身体やエネルギーフィールドの中にあり、それがある出来事をきっかけにエネルギーとして解放されました。

この時こそ、根底にある信念体系の大修正のチャンスです。

残念ながら一人では修正しきれず、身体を損ねました。
自分のヒーリングでは身体をある程度回復させて、お粥を食べれるまでになったけれど、信念体系はあまり修正できなかったので、他のヒーラーに助けを求めました。

あなたも助けを呼びたいときには、助けを呼んでくださいね。

フローレンスは他人より自分のデモンストレーションが難しいので、助けを呼ぶのをためらわないで、と言っています。また、ヴァイアナさんは数度の入院をして、医師と病院に助けを求めています。

彼がアドバイスしてくれたポイントを下に挙げます。

「怒りや戦う感覚に伴う負担から身体を開放してあげて下さいね。正義とか、愛とか、一見正しそうな定義や美徳の中に、7層のものとは異なるものが歴史的な影響などを受けつつ混ざっていることが多いです(誰でも)。そうすると、正義や愛の名のもとに戦い続けるパターンが出てきて心身ともに負担になりますから。」

あなたの身体を、怒りや闘う感覚から解放してあげてください ! それを創造主に命じます ! (オーダーします !)

「それで、いつが原点かは別として、この様なタイプの人は、何かとの契約、犠牲、呪い、サイキックアタック、サイキックフックの影響を強烈にかかえている事があります。それが、体の軸に影響を及ぼしたり、軸に隠れていたりします。つまり脊椎です。僕自身、この戦う性格に関連した問題を手放す作業の時に、ぎっくり腰や、首を痛めたり、頭のケガをしたり、よくわからない腰痛になったりしていました。ある意味膿出しだったかもしれません。」

あなたから、もしも何かとの契約や犠牲、呪い、サイキックアタック(霊的攻撃)やサイキックフック(不必要な霊的なつながり)などがあったら、それらを完全に終わらせ、完了させ、解約し、解除し、消去し、防いだものを7層に送り、引き抜いて7層に送ってもいいですか ? そして、無条件の愛を全身とエネルギーフィールドすべてに送ってもいいですか ?

あなたの中の怒りや憤り、憎しみ、いらいら、疑惑、混乱、それ以外に生きること・前進することに否定的なものがもしあったら、それらすべてを7層に送り、創造主に引き取ってもらい、愛に変えてもらってもいいですか ?

闘わなくても、正しいことを実現できるとはどんな感じか、わかってもいいですか ?
闘わなくても、自分の主張が受け容れられ、尊重され、支持されるとはどんな感じかわかってもいいですか ?

創造主の観点で、正しさとはどういうものであり、どのようにして実現したらいいのか、わかってもいいですか ?

創造主の観点で、尊重され、支持され、尊敬されるとは、どういうことがわかってもいいですか ?

創造主の観点で、コミュニケーションとは、交流するとは、分かり合うとは、理解されるとは、愛されるとは、どういうことか、どういう感じかわかってもいいですか ?

できました、できました、できました ! ありがとうございました !

この記事を読んでくださった方すべてにそれが実行され成就されました。








スポンサーサイト

急性膵炎を治した私の事例~急性膵炎ビフォーアフター(笑)~

今日は、私が今年の1月に急性膵炎になって、ヒーリングで短期間に治した事例を紹介します。

前回ブログで、正しさを実現するために闘ったことについて書きました。(数日ブログを更新しなかったのは、闘いモードから心身を転換して、モニターセッションをしたり、用事で出かけていたからです。(^^ゞ)

今年2月21日の○○理事会のあった日、理事会のほぼ全員が闘っていました。一部の理事は明らかに怒っていました。

それに誘発されて、ゆるい私も、闘いモードに入りました。「誘発」なんて書いても、誘発されたのもまた、私の中のものが出てきたのですが。

その時に強く感じたのは、急性膵炎ビフォーアフター。

【ビフォー】 急性膵炎前はいっぱいいっぱいで、ガツンガツンと 感じていました。

ところが、1月18日に急性膵炎になって、自分とヒーラー医師の助けも借りて2人で治した後は、

【アフター】 闘いモードになっても余裕があるのです。闘っている自分を客観的に見て、面白がっているのです。

たとえば、2月21日の理事会でこんなことがありました。

総会出席届の裏に質問や意見を書く欄があって、議事録に居住者の個人名を載せるのを義務付けようという声が優勢になりました。

それに対して私は、「居住者さんに選ばせてあげてください」と言って、議事録に無記名でも質問や意見を書けるように提案しました。名前を表記するか無記名にするか、居住者が選ぶことができる、という選択肢を提案したのです。

その時に、大声でねじ伏せるように対立意見を言う男性理事に対して、軽やかに笑いながら意見を言えました。前だったら、むきになって発言したかもしれません。

このことから、病気の症状は、人を進化させるきっかけにもなると感じた次第です。

今年の1月18日(日)夜に急性膵炎になった時のことを説明します。

腰が痛く、寝ていて息ができないくらい背中とみぞおちが痛みました。ようよう起き上がると寝ているよりも起きて何かに手をついていた方が楽でした。横たわると、うめき声が出るほどひどく痛むので、寝られませんでした。

自分でヒーリングしました。

翌日19日朝、ヒーラーでもある男性医師にフェイスブックでメッセージして相談しました。彼の仕事が終わった後、夜22時過ぎにスカイプ有料セッションを1時間余り受けました。

その後、肝臓・膵臓等のイラストで説明を受けたところ、「胆のう」を「肝っ玉の中心」と説明してくれました。ここは勇気を奮い起こす臓器です。

肝臓・膵臓含む臓器イラスト

こんな小さなところが、大見得を切ったりすると(怒ったり憤ったり感情的になって啖呵を切ったりすると)、ブルブル震えて痛みを感じるのですね。

どんな勇猛で大きな男性戦士も、「肝っ玉」とはこんな小さくて繊細なところであるのが、いじらしく、微笑ましく感じられました。

1月16日に私が現実に大見得を切る場面がありました。ある会議で、とある会社のごまかしや不誠実に対して怒りました。

その時、自分の怒りや憤りで自分の臓器を痛めつけていたと思うと、その部分が哀れで愛おしく感じました。その数日後の18日に急性膵炎になったので、人の身体は正直なものですね。

ヒーラー医師の病院は遠くて、彼の仕事のローテーションの都合で彼の診療はすぐに受けられないので、1月20日に、近くの総合病院に行きました。ヒーラー医師から朝食抜きの朝イチで消化器内科に行くように勧められました。

現時点では、エネルギーワークと認定医療の併用で誤診リスクを補うのが良策です。

その病院の担当医師に症状を話すと、腹部エコーと血液・尿検査を勧められました。
エコーと血液検査結果をお見せしますね。血液検査に炎症反応があらわれていました。

しかし診断結果は、どの臓器も異常なく、薬の処方も必要ありませんでした。←このこと、重要で~す ! ! ! \(^o^)/

診断結果を説明してくれた担当女医さんが、「薬は処方しませんよ」とおっしゃるので、

「そのほうがいいです。ヒーリングを2度したので治ったんだと思います」

と言った時の気分のいいこと~~~! ! ! ! !

女医さんが目を白黒させていたのが痛快でした~~。(うっふふ~♪)

2015120yokohamacl echo2

2015120yokohamacl echo1


2015120血液検査

さて、この記事で何を言いたいかというと、ヒーリングの現実での有効性です。ヒーリングの時に信念体系の書き換えをしました。これもまた現実に有効であったと考えます。

そして、一番大切なこと ━━
それをする力は誰にでもあるのです。

ヒーリング、エネルギーワークをする力は、誰にでもあるのです。


また闘っちゃいました ! !

今日は恒例の定例○○。

また闘っちゃいました !

「正しいことをする時は、闘わなければならない」そんな思い込みをしている人が大勢います。私もそのうちの1人です。正しいことを世の中で実現しようする時、感情的になったり、腹を立てたり、人を攻撃したり、いらいらしたり・・・

忙しいことですね。(^^ゞ

正しいことを実現する時、もう闘わなくていいと、自分の潜在意識に教えてあげてください。

そして、苛めていた体に、ありがとう、と感謝の言葉を言って、大切に大切に愛おしんであげてくださいね。

今日、それをやります。

今日は○○があったので、感情的になりました。
が、急性膵炎のあと、自分が強くなったなと思うことが多いです。

急性膵炎から立ち直るときに、自分の思い込み ━ 信念体系を書き換えたのですね。

急性すい炎の話は、また今度♪








プロフィール

三條能理子

Author:三條能理子
瞬間瞑想ヒーラー、 ハッピーライフアドバイザーの、三條能理子です。

オリジナルメソッドを開発し、カウンセリングセッション受付中♪もうすぐ、セミナーを開催します。まず実践会に、いらしてくださいね☆

ヒーラーワークス主宰。

嫌だな~、が底にある生き方を、ワクワクの喜び溢れる生き方に変えるお手伝いをしています。流されて生きるのではなく、望む幸せを叶えつづける生き方ができるようになります♪

お会いするのを楽しみにしています !

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
お知らせと当サイトへの連絡先/メルアド変わりました
■カウンセリングセッション、スカイプ/対面にて受付けています。下記メルアドにご連絡くださいませ。■卒業生へのご連絡:メールにてこれまでお知らせしていましたが、今後はブログとメルマガなどで、お知らせさせていただきます。 ■お問い合せは、下記のメルアドにお願いいたします。■携帯電話のメールアドレス変更しました。ご連絡は下記のメルアドに お願いします。よろしくお願いいたします。  sanjonoriko3@gmail.com
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。