より健康で豊かでハッピーになるために、メンタルヒーラーの視点からヒントをお伝えします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人のメンターからの学び/私の方向性

3日間でいまの私の3人のメンターをご紹介しました。~フローレンス、ルイーズ、ヴァイアナ

あまりに簡単なご紹介だったので、3人の違いがわかりにくかったかもしれませんね。

私はどん底に落ちた時、カウンセラーの存在しか知らなかったので、カウンセラーのところに相談に行きました。そんな頃に、フローレンスとルイーズの本を知りました。どちらも繰り返して読み返しました。

本や時間に癒されてどん底から這いあがりました。^^

読み返したとき、ルイーズと違い、フローレンスがクライアントと一緒に祈ってあげているのが気になりました。クライアント専用のアファーメーションを創ってあげて、二人で祈っているのです。

2007年から、フリーランスの編集の仕事と父の介護の傍ら、ぽつりぽつりと受け付けていたライフヒーリングカウンセリングは、これまでのカウンセリングの学びの中で行いました。

2009年に父の死後シータヒーリング®と出逢い、【エネルギーワーク】というものを知ります。

落ち込んだ人が来たとき、カウンセラーは【傾聴】して【受け止め】ます。
【シータヒーラー®】はその時に、【傾聴】して【受け止め】(そうでないシータヒーラーもいるかも知れませんが)、そのあと傷ついて落ち込んだその人から悲しみや恨み、憎しみ、心の苛立ち、焦り、といった否定的な感情を、その人が今できる分だけ取り去るように、すべてなるものに命令して取り去ることができます。そして、ぺっちゃんこになった心を、すべてなるものの無条件の愛をその人におろし降り注ぐことができます。それは、体感的にふわっとハートのあたりが暖かくなり、身体も少し暖かくリラックスした感じになることが多いです。

結果、落ち込みから早く回復することができるように思ったのです。シータヒーリングは私にはなんともいえず暖かく優しく感じられたのです。

私はシータヒーリングにのめり込み、出逢って1年経つ頃にはアメリカでヴァイアナの上級セミナーすべて(その頃の)を受講して、シータヒーリングサイエンスという最高峰の認定資格を取得していました。

しかし、2011年の3.11 東日本大震災を経て、2012年にはサロンの大規模修繕工事を体験し、翌2013年初めには、塗料等の化学物質に負けるようにサロンを手放しました。

シータヒーリングで感覚感情の読み覚ましの中で、「有害化学物質に無敵になる」というクラスの時間があります。私はその頃、それをしませんでした。

なぜなら、【無敵になる】ことは体調を崩したり蕁麻疹がでたりしない(当時の私はそのように捉えていました)、ということで、私は体調を崩したり蕁麻疹が出るままに任せたのは、その症状が私の身体から有害化学物質などの排毒をしているすがただと知っていたからです。

2013年にシータヒーリングのアナトミーティーチャーという上級のインストラクタークラスを再受講した頃、知っていた女性シータヒーラーが2人急逝します。そのうちの1人は、日本にシータヒーリングを紹介したインストラクターの大先輩、大久保恵 先生でした。

セミナー中に日本人受講生のお子さんの血液の病気を完治させたヴァイアナさんでも治せない病気があり、シータヒーラーたちも何度もしかも集団でもヒーリングしているでしょうに、若くして亡くなる ━ このことに動揺しました。

2013年住まいのマンションの大規模修繕工事が半年続き、有害化学物質被ばくで再び体調を崩しました。無力感を感じました。が、願望実現の引っ越しについては、実際の作業が追い付かないくらい早く実現しました。住まいながらリフォームすることになり、体調がなかなか回復しませんでした。

2014年母を元気で幸せに長生きさせてあげられなかったです。その頃には、オリジナルヒーリングの芽がどんどん大きくなっていました。母は92歳で亡くなりました。ヒーリングでもどうしようもないことがあることを、またもや痛感しました。

ヴァイアナさんは、瞬間的な癒しのためのサイキック(超能力)の開発のために、【DNA3】という上級クラスを創りました。

すべてなるものとシータヒーラーの共同創造として癒しや願望実現が起こる、という考え方がその基盤にあります。

フローレンスはルイーズなどのように【心の法則】の伝道師でしたが、一緒に祈ってあげるその部分でエネルギーワーカーとして働きかけました。

フローレンスは【サイキック/超能力】な次元は、「人間の現世的思考の結果の次元であり、対立物の次元」にあると言っています。<※ これはフローレンスの考え方です ! 念のため> そして、【祈り】とは「命令し要求すること、賛美と感謝をささげることです」と書いています。

人は【祈り/言葉を言っ】たあと、「直観または明確な導きに従って行動」し、あとは感謝の準備をしながら待つだけでいいというのです。最初の実際的なきっかけとなる行動は人がするけれど、その後のプロセスは神の働きに委ねています。神の働きとは、普遍的なる宇宙意識【神】が個人の中で【内なる神/キリスト】となり、【精霊】である宇宙の働きとなって、その三位一体が要求を実現してくれる、という考え方です。

フローレンスによると、人はエネルギーワークを通して言葉を言い要求し、きっかけの現実的行動をするが、あとはすべて【神】がやってくれる、それにはサイキックは必要ない、あるのは【祈り】と【三位一体】というわけです。

フローレンスは【神】という言葉も使っていますが、宗教とは別の立場で、ヴァイアナの【クリエイター/創造主】と同じ意味合いで使っています。

フローレンスは「人が二人で祈るときそれは実現する」と言っていますが、フローレンスの後進がいなかったのは、エネルギーワーク的な要素を教えることをしなかったからでしょう。

ヴァイアナとフローレンス、二人のエネルギーワーカーとしての立ち位置が微妙に違っていることが、ちゃんと説明できていたら嬉しいです。

私は、2009年にシータヒーリングに出会った後、ヴァイアナさんのようなヒーラーになりたいと思っていました。

2015年のいまは、現代日本のフローレンス・スコヴェル・シンになりたいと思っています。

それは、どちらがすぐれているとか、正しいというわけではなく、自分との相性、選択の問題と考えています。

(画像は今日2月9日の部屋で咲く大輪の胡蝶蘭)

20150209胡蝶蘭白大輪




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

三條能理子

Author:三條能理子
瞬間瞑想ヒーラー、 ハッピーライフアドバイザーの、三條能理子です。

オリジナルメソッドを開発し、カウンセリングセッション受付中♪もうすぐ、セミナーを開催します。まず実践会に、いらしてくださいね☆

ヒーラーワークス主宰。

嫌だな~、が底にある生き方を、ワクワクの喜び溢れる生き方に変えるお手伝いをしています。流されて生きるのではなく、望む幸せを叶えつづける生き方ができるようになります♪

お会いするのを楽しみにしています !

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
お知らせと当サイトへの連絡先/メルアド変わりました
■カウンセリングセッション、スカイプ/対面にて受付けています。下記メルアドにご連絡くださいませ。■卒業生へのご連絡:メールにてこれまでお知らせしていましたが、今後はブログとメルマガなどで、お知らせさせていただきます。 ■お問い合せは、下記のメルアドにお願いいたします。■携帯電話のメールアドレス変更しました。ご連絡は下記のメルアドに お願いします。よろしくお願いいたします。  sanjonoriko3@gmail.com
リンク
カテゴリ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。